志望校合格を本気で目指すあなたのためのブログ

【センター試験】数学で9割以上を確実に取れる勉強法を医学生がわかりやすく解説!

  • 数学を得意科目にしたい
  • 安定して9割取れるようになりたい
  • センター数学の勉強法を知りたい

このように思っている人はぜひこの記事を参考にしてください。

私は現在、国立大学医学部に通う医学生です。

受験当時は、元々数学は苦手でしたが、勉強を始めて2、3か月で模試で9割を安定して取れるようになり、センター試験の本番で数学Ⅰ・AとⅡ・Bともに100点を取りました。

この記事では、センター数学で9割を確実に取るための勉強法を私の経験に基づいてわかりやすく解説します。

1.センター数学はパターン

センター試験の数学は基礎問題を中心に出題され、応用問題はかなり少ないです。

そして、この基礎問題は、ほぼパターン化されており、その手順さえ理解してしまえば、点数で9割以上を安定して取ることは可能です。

2.考える時間は無駄!?

センター数学で9割をなかなか取れない原因は、解法が頭にインプットされていないことです。

レシピを知らないのに料理を作れと言われても何もできないのと同じように、解法を知らないのに考えて解こうとしても問題が解けるわけありません。

考えて勉強することを否定するわけではないのですが、そもそもの知識が頭に入っていないと考えてもただ時間を浪費してしまうだけです。

では、具体的にどのような勉強をすれば良いのか以下で紹介します。

3.まずは解法を覚える

私のおすすめはセンター試験数学の過去問を使うことです。

なぜなら、数学の勉強をしながら、実際の試験問題の形式がわかり、問題の傾向を分析できるからです。過去問を利用しながら過去10年分くらいの分野ごとの解き方をどんどん覚えていきます。

そうしていくと、たとえば数列の分野なら、まず初項を求めて、一般項を出して、和を出して、というようにある程度パターン化されている部分があるということがわかります。

4.何回も繰り返す

パターン化されているということがわかれば、あとは何回も繰り返して覚えていけばいいだけです。

私は、だいたいセンター数学1年分につき20回繰り返しました。そうすると、問題を見ただけで解法がすぐ思いつくようになり、模試などでもスラスラと解けるようになっていきました。

20回も繰り返す時間があるのかと疑問にお思いでしょうが、はじめの5回くらいは書き出して、あとは見るだけの復習でした。

そして、何回かに一回はまた書いてを繰り返していました。そうすれば、時間はそんなにかかりません。

5.解くときのコツ

解法をある程度頭に入れたとして、実際に模試や試験で9割を取るためにはコツがいくつかあります。以下で3つ紹介します。

5-1.手を止めない

わからない問題に出くわした時に、そこで少し考えても解法が頭に思い浮かばないときはすぐに次の問題へ取り掛かりましょう。

センター試験は時間との戦いでもあるので、高得点を狙うなら、わかる問題からどんどん点数を取った方が効率的です。

また、手を止めないでどんどん解いていくことで集中力が途切れることなく問題に取り組めるので、時間も早く解くことができます。

5-2.丁寧に計算する

センター試験は時間との戦いですが、焦って計算ミスをしてしまうことってよくあると思います。特に、自分を過信してしまうと、暗算で何でも計算しようとしてミスが増えてしまいます。

私は、自分の計算力にそこまで自信がなかったので、丁寧に書き出して計算していました。それでも時間は毎回余裕で余りました。

5-3.何回も見直しをする

どんなに正解している自信があったとしても、勘違いしたいたり、問題を読み違えていたりすることがあるので、試験時間は自分のことをトコトン疑って何回でも見直しをしましょう。

私も、時間があるときは2回でも3回でも見直しをするように心がけていました。実際に、そこでミスを修正しなかったら大惨事になっていたことも何回かありました。

6.まとめ

数学に苦手がある人は、ただ問題に慣れていないだけなのです。高得点を確実に取るには、何回も繰り返して解法を丁寧に覚えていくしかありません。

地道な努力の先に合格が待っていると思うと全く苦にならないと思います。

この記事をぜひ参考にして勉強が少しでもはかどるようになれば嬉しいです。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です