志望校合格を本気で目指すあなたのためのブログ

【最新版】『化学重要問題集』の難易度・問題数・効果的な使い方など

こんにちは、ペンシルです。

私は現在、国立大学医学部医学科に通う大学生で、医学生ブロガーとして活動しています。

受験当時は、現役はセンター460点から浪人を経て医学科350人中8位で合格することができました。

また、化学についてはセンター試験100点、二次試験では90%の得点を取ることができました。

今回は、そんな私が超おすすめする化学問題集の王道とも呼ぶべき「化学重要問題集」について紹介します。

本記事では、「化学重要問題集」の難易度や特徴、効果的な使い方・勉強法をわかりやすく解説します。

1.「化学重要問題集」のレベルと対象者

f:id:pencilblog:20190325164533j:image

難易度としては、

標準〜応用レベル(★★★☆☆)です。

センター試験から二次試験の内容まで網羅的にカバーしているので、化学を得意科目として高得点を狙いたい人におすすめの一冊です。

化学が苦手で、教科書の内容があまり理解できていない人にとっては少し難しく感じてしまうかもしれません。

なので、苦手な人は教科書の内容を一通り理解してから「化学重要問題集」を始めることをおすすめします。

2. 「化学重要問題集」の3つの特徴

f:id:pencilblog:20190325164005j:image

入試攻略の必須アイテムといっても過言ではない「化学重要問題集」ですが、人気なのにはやはり理由があるんです。

以下で、その特徴を3つ紹介します。

2-1. 圧倒的な質と量!

問題総数268問が収録されており、高校化学を学ぶには十分な量となっています。

また、問題は過去に大学入試で出題された内容を厳選して収録されているため、良問がたくさん集められていて、実践的に効率よく化学の勉強をすることができます。

それに「化学重要問題集」は毎年改訂版が出るので、現代の入試傾向に沿って問題が構成されています

化学の問題集で、これほどまでに良質で多く問題数をこなせるものはなかなかありません。

2-2. A問題とB問題に分けられている

A問題は、分野ごとに学ぶべき重要な問題を扱っています。

センター試験で高得点を狙う人や二次試験でしっかり点数を取りたい人は、このA問題を完璧にすれば確実に学力を伸ばせます。

B問題は、やや難易度の高い問題を扱っています。

医学部や難関大を目指す人であれば、B問題までしっかり押さえておけば十分すぎる内容となっています。

A問題がほぼ完璧で化学に物足りなさを感じた時にB問題までやるといいでしょう。

2-3. 要点をまとめた小冊子付き

「化学重要問題集」には、小冊子として「入試直前整理チェックしておきたい化学の重要点124」がおまけで付いてきます。

これには、入試で出題されやすい問題が124題収録されており、それに対する解答と詳しい解説も書かれています。

本当に重要な問題しか載っていないので、模試直前やセンター試験直前、二次試験直前にこの小冊子を見返せば、化学で1点でも多く取れるかもしれません。

私も、実際にこの小冊子に助けられたことが何回もありました。

この小冊子だけでも「化学重要問題集」に十分価値があると思います。

3. いつから始めるべきか?

f:id:pencilblog:20190325164030j:image

早ければ早いに越したことはありませんが、少なくとも試験本番の半年前には始めることをおすすめします。

しかし、さっきも書きましたが、教科書の内容を一通り理解していないと、少し難しく感じるかもしれません。

理解していないまま始めてしまうと、継続するのも辛くなるし、化学に対する苦手意識がなかなか抜けません。

なので、化学が苦手な人は夏休み前までは教科書の内容を理解することを優先して、夏休みに入ってから始めるようにしましょう。

逆に、化学が得意な人は、1日でも早く始めた方がいいです。

4.「 化学重要問題集」の効果的な使い方・勉強法

f:id:pencilblog:20190325164058j:image

A問題とB問題に分かれているので、やはり最初はA問題から取り組みましょう。

A問題の中には、「必」のマークが付いている問題と「準」のマークが付いている問題があります。

「必」が付いた問題の方が優先度が高く基礎的な内容となっているので、始めの1周目はA問題の「必」だけを解いていきましょう。

そして、A問題の「準」を解いて、B問題にを解くという順番で取り組みましょう。

この時のポイントは、わからなかったらすぐに解答を読んで理解するということです。

基礎的な内容は考えて解くよりも、どんどん解答を読んで理解した方が効率的で時間も有効に使えます。

そして、わからないところがあれば自分で調べたり先生に質問してすぐに解決するようにしましょう。

一度わからない問題を放置してしまうと、苦手意識が大きくなって二度とその問題に触れないように意識が働いてしまいます。

そのような問題をできるようになることこそが学力を伸ばすために必要なことなので、面倒くさがらずにすぐ解決するように心がけましょう。

➤POINT

A問題の「必」A問題の「準」B問題 この順番で解こう!

5. 終わったら次に何をやるべき?

f:id:pencilblog:20190325164559j:image

「化学重要問題集」を終えたら次になにを使って勉強したらいいのか迷っている人におすすめな問題集が3つあります。

これらは、「化学重要問題集」よりも少し理解を深めないと解けない問題が多く収録されています。なので、二次試験対策として「化学重要問題集」で満足できないひとにはこの3つの問題集をおすすめします。どれも手ごたえのあるもので、発展的な内容をたくさん扱っています。

6. まとめ

いかがでしたか。化学は出題される問題がほぼパターン化しており、一度理解して問題を多くこなせば、高得点を取りやすい科目なので非常にコスパがいいんです。

だからこそ、1日でも早く化学の勉強を始めて、1問でも多く問題を解いて、志望校の合格へ大きく近づきましょう。

この記事が参考になればとても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です