志望校合格を本気で目指すあなたのためのブログ

勉強のやる気・モチベーションを上げる20の方法を医学生が教えます!

勉強のやる気・モチベーション

こんにちは!ペンシルです。

「やる気がなかなか出なくて勉強が継続しない。なにかモチベーションを上げる方法はないか?」

このような悩みを

勉強を頑張りたいと思う人なら誰しも

一度は抱えると思います。

私も医学部受験当時は

勉強に対するモチベーションが

なかなか上がらずに

時間だけが過ぎていってしまうような

無駄な日々を送ってしまった時期がありました。

しかし、やる気やモチベーションというのは

少しの行動の変化や本人の意識次第で

解消できることに気が付きました。

この記事では、そんな人たちの悩みに対して

「勉強のやる気・モチベーションを上げる20の方法」

を紹介します。

 

1.勉強のやる気・モチベーションを上げる20の方法

1-1.とりあえず勉強してみる

「とりあえず勉強してみる」というのは、

心理学者クレペリンが発見したといわれている

「作業興奮」という効果を利用したものです。

面倒だと思ったことでも

とりあえず手を動かしていくと

脳の側坐核という部分が刺激され

やる気を引き出すドーパミンという

ホルモンが放出されます。

これがモチベーションアップにつながるのです。

逆に言えば、

「行動を起こさなければ

やる気は何も起きない」

ということです。

なので、たった5分だけでもいいので

とりあえず机に向かって

まずは1問だけ解いてみましょう。

そうすると、いつの間にか

1時間経っちゃったということが

あるかもしれません。

 

1-2.勉強する環境を変える

いつも同じ場所で勉強していると

毎日同じ景色に慣れてしまい

だんだんと飽きてきませんか?

勉強はただでさえ単調なのに

日常生活も単調になると

やる気やモチベーションは

なかなか上がりません。

なので、たまには

いつもとは違った場所で勉強し

環境を変えてみることをおすすめします。

勉強に適したおすすめの場所としては

  • 自宅(自分の部屋・リビング)
  • 図書館
  • 塾・予備校の自習室
  • カフェ

などがあります。

場所を変えてみると

気分がリフレッシュされて

勉強がはかどります。

私が受験生のときは

公園や海辺でも勉強してみたことがありましたが、

風が強く参考書が開けないので

あまりおすすめはしません(笑)

勉強するなら室内で

長時間いても大丈夫な場所を

見つけ出しましょう。

 

1-3.勉強計画を立てる

勉強のやる気が出ない時、

テレビを観たり、スマホを触ったりと

勉強以外のことに時間を費やしてしまうのは

かなりもったいないのです。

たとえ、勉強しなかったとしても

勉強の計画を立てるようにしましょう。

1日のスケジュールや

今後の予定など立てていくと

「このままじゃダメだ!勉強しなきゃ」

と自分自身を奮い立たせることができます。

また、勉強計画をしっかり考えることで

自分の現状を定期的に見つめなおすことができ

効率よく勉強をすることもできるので

行き詰ることなく学習を進めることができます。

 

1-4.30分の仮眠をとる

勉強は継続することが大切ですが、

その単調さによって

ついつい眠気に襲われることがあります。

ウトウトして眠気と闘いながら

勉強するのは非効率です。

なので、そんなときには

30分だけ仮眠をとりましょう。

仮眠は、眠気の解消だけでなく

疲労の回復も見込めるので

勉強効率も飛躍的に上がります。

私は、昼食後の13時あたりには

必ず30分の仮眠をとるようにしています。

そうすると、頭が冴えて

勉強がものすごくはかどります。

 

1-5.軽い運動・ストレッチをする

勉強のイメージって

机に座って黙々と問題を解いていく

に思う人が多いと思います。

しかし、実際は

軽い運動やストレッチなどを

取り入れながら勉強したほうが

学習効率は上がるんです!

なぜなら、

体を動かすことで

全身の血流を良くして

脳も活性化するからです。

例えば私は、単語帳を覚えるときは

立ち上がって足踏みをしたり、

リスニングや音読をするときは

ストレッチしながら学習していました。

机に座ってするのだけが勉強じゃない

ということを理解しておきましょう。

 

1-6.勉強法に関する本を読む

本屋に行くと勉強法に関する本が

たくさん置いてあります。

このような本は、

勉強法だけでなく

勉強の思考法や

著者の成功体験などが

書かれているので、

読むだけでやる気が引き出されます。

それに、勉強をするうえで

勉強法を知っておくことは大事なことなので

やる気・モチベーションが上がらない時は

勉強法に関する本を手に取って読んでみるといいです。

 

1-7.音楽を聴く

音楽を聴きながら勉強することの

メリットは3つあります。

  • 周りの雑音をシャットアウト
  • 疲れにくく、集中力を保てる
  • リズムよく勉強できる

音楽を聴くと周りの雑音が気にならなくなり

自分だけの世界に浸ることができます。

なので、集中しやすい環境を

つくり出すことができるのです。

また、音楽にはリラックス効果があるので

辛いし嫌いな勉強を少しでも軽減し

勉強に取り組むようになります。

また、音楽にはさまざまなジャンルがあるので

飽きずに継続することができますし、

教科ごとに曲を変えたり

ジャンルを変えるのもいいかもしれません。

 

1-8.人と会話をする

同じ志を持つ仲間との会話は

自分のやる気・モチベーションを

ぐんと上げてくれます。

たわいのない話をするのもいいですし

勉強法や現状報告などの

情報交換をするのもいいでしょう。

ただし、ネガティブな発言をする人と

会話をするのは絶対にやめましょう。

他人のネガティブ発言は影響力が強く、

自分もネガティブ思考になってしまい

逆にやる気・モチベーションを下げてしまいます。

できるだけポジティブで

志が高い人や尊敬できる人と

普段から接しましょう。

 

1-9.偉人の名言・格言を調べる

過去に成功を成し遂げた偉人や尊敬できる有名人の

言葉には説得力や重みがあります。

そのような人たちの名言や格言を聞くと

なんだか自分にもできる気がして

不思議とやる気がみなぎってきます。

例えば、

「いつやるの?今でしょ!」(林 修)

 

「あきらめたらそこで試合終了」(スラムダンク)

 

「運命よ、そこをどけ。オレが通る」(マイケル・ジョーダン)

などの名言を聞くと

自然とモチベーションが上がってきませんか?

それくらい名言・格言などの言葉には

パワーが詰まっているのです。

ノートの表紙に書いたり

部屋の壁に張ったりなど

常に目の届くところに名言・格言を

紙に書いておくのもおすすめです。

 

1-10.アメやガムを食べながら勉強する

アメをなめたり、ガムを噛んだりすることは

脳が活性化されて

勉強に集中したい時などには

非常におすすめのアイテムです。

昔は、学校や予備校の授業中に

ガムを噛んでいたりすると

先生に怒られたりしましたが、

今では、それを許す先生が

少しずつ増えています。

それは、実際にアメやガムが

勉強のやる気を引き出す効果が

だんだんと認められつつある証拠です。

ガムの中でも特に

ミント味のガムは

口の中がスースーして

気分がリフレッシュします。

私も勉強するときには

クロレッツのミントガムを噛んでいます。

 

1-11.部屋を片付ける

勉強のやる気やモチベーションが

上がらない原因の1つに

「部屋が散らかっている」

ということが挙げられます。

部屋が散らかっていると

視界にいらない情報が多く入ってきて

1つのことに集中できなくなってしまいます。

また、スマホやマンガなどの誘惑が

視界に入ってきてしまうため

ついつい誘惑に負けてしまい

やる気やモチベーションが下がります。

そうならないためにも

部屋をきれいに片づけて

勉強だけに集中できる環境を整えましょう。

部屋がきれいになると

気分もリフレッシュできて

勉強がはかどるので

いいことだらけです。

 

1-12.窓を開けて空気を入れ替える

やる気やモチベーションが上がらない時、

窓を開けて部屋の空気を入れ替えましょう。

部屋に酸素を取り込むことで

脳を活性化しやすい状態にできますし

風が入ってこれば

眠気も吹き飛びます。

冬などは特に

暖房がかかっていて

頭がボーっとしてしまうこと

ありませんか?

そういうときにこそ

窓を開けて換気して

冷たい空気を取り入れましょう。

 

1-13.服を着替える

汗などかいていなくても

服が汚れていなくても

勉強のやる気が出なかったり

モチベーションが上がらないときは

服を着替えることをおすすめします。

理由としては、

気分がリフレッシュするからです。

勉強モードに切り替える

おまじない的なものとして

利用するといいでしょう。

個人的には結構効果があると思います。

私もリフレッシュしたいときには

服を着替えてから

勉強に取り組みます。

 

1-14.勉強を放棄した時の自分を想像する

勉強が嫌になってしまった時、

やめてしまいたいと思った時、

勉強を放棄した時の自分を

想像してみるといいでしょう。

きっと悲惨な結果に行きつくことが

想像できると思います。

私が受験生だったころは、

iいま勉強を放棄すると

親のお金で行かせてもらっていた

予備校が無駄になるし、

大学に通う友達とは疎遠になるし、

進学も就職もしないままだと

相当ヤバいと感じました。

それを想像しただけで

「勉強するしかない」という思いが込み上げ

モチベーションが下がっている場合じゃない

と気が付かせてくれました。

 

1-15.自分に報酬を用意する

報酬やご褒美を用意すると

人は一時的に頑張ることができます。

私の場合、報酬は食べ物でした。

例えば、

「この問題を完答したらプリンを食べる」

「今日はこのページまで終わらせたらジュースを飲む」

などがありました。

これなら少しでもやる気が出るし

報酬を得ることによって

また次も頑張ろうという気にさせてくれます。

 

1-16.周りの人に公言する

小さな目標でもいいですし

10年後の自分の理想や目標を

ぜひ周りの人に公言しましょう。

これには2つのメリットがあります。

1つ目のメリットは

周りに公言してしまったことで

発言に責任が生じて

そのために頑張らなきゃと

やる気が引き出されることです。

2つ目のメリットは

周りの人があなたの目標を

きっと応援してくれるということです。

モチベーションが上がるだけでなく

目標を達成するためのアドバイスなども

もらえるかもしれません。

なので、夢や目標を

言葉に出すことって

かなり大事なことなのです。

 

1-17.合格後の自分を想像する

合格した後に自分がやりたいことや

将来的にどうなりたいのかを

具体的に頭の中で想像して

できれば紙に書き出してみましょう。

私が受験生のころは

合格したらやりたいことリストを

常にメモしていました。

具体的には

「可愛い彼女をつくる」

「友達と旅行に行く」

など簡単なことでも書き出していました。

すると、これらを実現するためには

いま頑張らなきゃと思い

勉強に励むことができました。

どんな小さなことでもいいので

書き出してみると

それがモチベーションアップに

つながるのでおすすめです。

 

1-18.受験情報を分析する

受験は勉強だけでなく

志望校の情報や分析が

非常に大事になってきます。

合格最低点、定員、倍率、過去問などを

徹底的に調べるだけでも

志望校合格可能性がアップします。

情報を知ることによって

合格するための道筋が見え

そのための手段や計画を

正しい方向で立てることができます。

合格の道筋が見えてこれば

やる気やモチベーションが

湧き上がってきます。

 

1-19.別の教科に切り替える

今やっている勉強に飽きてきたら

休憩するのではなくて

別の教科に切り替えるようにしましょう。

自分の好きな教科や得意科目を勉強すると

集中できて作業もはかどります。

ただし、好きな科目ばかり勉強するのは

おすすめしません。

なぜなら、科目によって点数が偏ると

得意な科目に高得点を頼らざるを得なくなります。

それが失敗すれば修正がきかなくなるので

かなり危険です。

不得意科目でも安定して得点を

取れるようにするのが理想的です。

 

1-20.その日は勉強をやめる

以上で述べた19の方法を試しても

やる気が出なかったり

モチベーションが上がらなかったときは

その日の勉強はやめにしましょう

無理をして勉強していても

これから先のことを考えると

勉強を継続できなくなってしまいます。

なので、思い切ってその日は勉強をやめ

休息をとって体を休め

次の日の勉強に万全に備えましょう。

 

2.勉強のやる気・モチベーションが下がる原因とは?

勉強しているときに

「この勉強で正しいのかな?」

「合格できるのかな?」

「自分には才能がない」

などの不安を覚えた経験はありませんか?

人は誰しも突然不安に襲われることがあります。

そういう不安に感じた時に

やる気やモチベーションが下がってしまうのです。

具体的に例を挙げると

  • スマホ・マンガなどの誘惑がある
  • 合格できるか不安感がある
  • 能動的な学習スタイル
  • 疲れ・ストレスがある
  • 解けない問題がたくさんある

などがあります。

不安を少しでも軽減するために

先ほど述べた20の方法を

試してみることをおすすめします。

3.まとめ

勉強のやる気・モチベーションを上げる20の方法を

紹介してきましたがいかがでしたか?

勉強は継続こそが大事で

それを阻む要因である

やる気やモチベーションの上がり下がりは

誰しもが悩むことですので

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です